後頭部の急な頭痛

後頭部の急な頭痛が起きた時、重大な脳の病気である場合があります。

症例1

40代後半の男性です。20代の頃から片頭痛があり、頭痛のたびに市販の痛み止めを飲んでいました。
ご本人が言うには、「20○○年○月○日14時頃、突然後頭部をバットで殴られたような激しい痛みが出現、今までの頭痛とはかなり違う」との事でした。翌日には痛みは軽くなり、片頭痛だったのかなと思いながらも、会社へは行っていました。最初の頭痛から10日後、また激しい頭痛に襲われたため横浜脳神経内科を受診しました。

MRI検査をしたところ、

くも膜下出血

くも膜下出血でした。白くなっている部分は出血した血液です。
MRA(血管の撮影)を見ると、

椎骨動脈解離のMRA

右側の内頚動脈という血管に脳動脈瘤(血管のコブ)ができています。これが破裂して出血したわけです。

まだ破裂していない脳動脈瘤は、頭痛などの症状は出ない事がほとんどで、出血して初めて激しい頭痛を生じます。偶然MRI検査で見つかる事もあります。

この症例の場合、最初の短期間の頭痛は何だったのでしょうか?
おそらく、minor leakといわれる「動脈瘤からジワッと血液が漏れ出した状態」だった。つまり、1回目の頭痛は本格的に破裂する前の、前兆の頭痛だった可能性があります。

くも膜下出血の死亡率は40-50%で、突然死もあり得ます。救急車で運ばれる場合がほとんどですが、頭痛外来では、この方のように自力で歩いて受診する場合もあります。
上で書いた経過の中で、重要なキーワードがあります。
それは、
「20○○年○月○日14時頃、突然後頭部をバットで殴られたような激しい痛みが出現、今までの頭痛とはかなり違う」
という部分です。
このように、日時をはっきり特定できるほど突然に起こった頭痛で、しかも今までに経験したことのないような頭痛では、くも膜下出血が強く疑われます。

症例2

20代前半の男性で、高校時代からラグビーの選手をしていた方です。練習の後、突然右の首の後ろが痛くなり、その場でうずくまってしまいました。首の捻挫かと思い、しばらく様子を見ていましたが、その後も痛みが続いていたため、5日目に横浜脳神経内科を受診しました。

MRIで脳の血管を撮像しました。

解離性脳動脈瘤

右の首から後頭部へ行く椎骨動脈の一部がコブのように飛び出ています。

この部分をT1BB法(T1 black blood method)という特殊な撮像法で確認したところ、

解離腔内血栓

血管内部が白く光って描かれています。これは血管内で血栓(血液の固まり)ができている事を意味します。

椎骨動脈解離という状態です。

この椎骨動脈解離が進行すると

  • ①血管が破れてくも膜下出血となる場合
  • ②血管が詰まって脳梗塞を起こす場合

という2通りの危険があります。

首に強い衝撃が加わるような激しいスポーツ(ラグビー、アメリカンフットボール、柔道など)をしている方は、急な後頭部や首の痛みが出た場合、この椎骨動脈解離を考える必要があります。

参考

  1. くも膜下出血はどう診断するか – 日本頭痛学会
  2. 頭痛について知る – 日本頭痛学会
  3. 解離性脳動脈瘤

(文責:理事長 丹羽 直樹

Verified by MonsterInsights